子育てパパ、ワークライフバランスを目指す!

2020年4月現在、4歳児と2歳児のパパ。あれこれ悪戦苦闘しながらの子育て中に興味ある事の記録も兼ねたブログ。基本は子どもと自分も一緒に何かをやることをメインにしていきたい!

ブランコこげるようになった!

ブランコが大好きな4歳の娘。公園へ行くと必ずと言っていいほど、「ブランコやりたい〜」だ。

そして必ず、「お父さん、押して〜!」だ。2歳くらいからだったか、ブランコが好きすぎてそれこそ30分ずっと押し続けていたこともある。大体親の方が体力の限界を迎え、次の遊びに促すことがほとんどだ。

 

そして今日は珍しく弟も「ブランコ乗る〜!」と言い出したのでもう大変。2人一緒に押すと言う親への試練ともいうべき状況になった。

 

しかし、やってみるとこれがなかなか親的にも面白く、真っすぐ押そうとすると2人同時に押すのは難しいが、2人交互に押すと軽く左右にステップを踏みながら右、左、右、左と押せるので、良い特訓(何の?筋トレかテニスとかのスイングか?)みたいになった。

 

コツはスイングをする強さを大体左右同じにすると、同じタイミングで返ってくる(振り子の原理がどうだったか忘れたけど。)だから1人のタイミングを半分ずらすと交互に押すことができるようになる。しかしちょっとずつずれてきて同時に押さなければならないタイミングもやってきたりして(その場合はまっすぐ押せないのでちょっと曲がり気味になる)それを考えながら調整するのがなかなか楽しかったりした(ただし子どもがちゃんと乗れているかを見るのはちょっと困難。目が行き届かなくなる可能性があるのでちゃんと乗れるくらいではないとおすすめできない)。

 

それを15分くらい続けていただろうか。だんだん慣れてきたのか娘が途中で立ちこぎを始めたのだ。「え〜!あぶないしやめて〜!」と言ったものの、意外にブランコをこぐ動作がちゃんとできていたのだ。

 

これまで座りで、手本を見せたり声かけしたりしてたけど何度教えても上手くいかず(体重移動のタイミングを覚えるのが難しいのだと思う)、どうやって教えたらいいんだろうかと悩んでいたのだけれど、立ちこぎの方がコツを掴みやすかったのか、すぐになんとなくこげるようになった。

 

それからはちょっと嬉しかったのか何度も立ちこぎをしてアピールしていた。弟くんはまだできないので優越感に浸りながら(笑)

 

一旦できるようになると立つのも座るのもブランコのこぎ方は変わらないのか、座ってやるのもなんとなく感覚を掴んだようで、見ているとゆるいながらもこげている感じであった。

 

自分で教える身になって、よく考えるとブランコをこぐ際の体重移動の観点から、立ちこぎから入った方がもしかしたらやりやすいかもしれない(座りだと足の曲げ伸ばしを中心に伝えてたので)。

 

親としては長く押し続けていたことが報われて嬉しかった(笑)そして我が子の成長を垣間見てちょっと感動した1日であった。



f:id:kyotonara001:20200518081147j:image

 

 

ブログランキング参加しました。1日1クリックしていただけるとうれしいです★