子育てパパ、ワークライフバランスを目指す!

2020年4月現在、4歳児と2歳児のパパ。あれこれ悪戦苦闘しながらの子育て中に興味ある事の記録も兼ねたブログ。基本は子どもと自分も一緒に何かをやることをメインにしていきたい!

へんしんバイクのペダルをつける

へんしんバイクのペダルをつけるのはそのまんま、ペダルを外すの反対工程になる。

  1. ブレーキ機構をとめているネジを緩める

  2. 後輪とめているナットを外す(両側)

  3. タイヤを外す

  4. ペダル、チェーンをつける

  5. タイヤを戻しながらチェーンカバーをつける

  6. ペダル機構をとめているネジを締める(六角)

  7. 各ネジ、ナットを締める

  8. ブレーキの調整

f:id:kyotonara001:20200613205123j:plain ブレーキ機構のネジを緩める

f:id:kyotonara001:20200613205153j:plain 後輪のナットを外す①

f:id:kyotonara001:20200613205209j:plain 後輪のナットを外す②

f:id:kyotonara001:20200613205707j:plain ペダルをつける(カバーも同時) ブレている。。。

f:id:kyotonara001:20200613205818j:plain ペダルシステムをフレームに固定するボルト(六角)

以上

前回の記事でかけていなかったチェーンカバーも今回はつけたが、これが意外に苦戦した。

チェーカバー(前)がうまく入らないのだ。タイヤの位置を決めて先に入れるとカバーがフレームに引っ掛かりうまく入らない。フレーム側から入れるとペダルの足?(クランク)にひっかかり入らない。 ちょっとタイヤの位置をずらしてカバーを入れる必要があるが、チェーンが緩いのでうまくカバーの位置が決まらない。カバーもカチッとはまればいいのにはまらないのでここでいいのか自信がもてない。 途中チェーンが外れたりなんやかんやごちゃごちゃしたが、最終的にがちゃがちゃやっていると何とかはいった。
でも、ちゃんとチェーンが伸びるように引っ張っておかないと、カバーに引っかかるので注意。

f:id:kyotonara001:20200613210123j:plain

そして後ろのカバーをつけようとしたが、後輪をとめているナットのおかげで入らない!どうしようかと悩んだが後輪とフレームの間を手ですきまを開けて入れたら入ったのでほっとした。

f:id:kyotonara001:20200613205938j:plain 赤まるのところにねじ込んだ。

最後にネジ3箇所とめるとこがあるが、フレームに隠れて止められないのが1箇所あった。でも十分とまっているのでよしとした。

後はペダル機構をとめているアタマが六角のボルトを締めて、各ネジ、ナットを本ジメして完成!!(忘れてたら、次の日でタイヤの位置がずれたみたいでチェーンがカバーに引っかかりはじめ、何か音がするーと娘からクレームが入った(汗))

その後はブレーキの調整。

f:id:kyotonara001:20200613210703j:plain ブレーキのインナーケーブルをとめているナット(赤まる)を緩めて、バネの機構があるところをぐっと矢印の(縮める)方に押し込んで、ナットを締める。最終的にはこれだけでブレーキが効くようになったが、そもそもの機構やバネの押込み加減やらよく分からす適当にやってたので、実は結構苦戦した。
どうやらナットを緩めただけではインナーケーブルは引っ張られないらしい。

だかしかし、晴れて自転車モードに変身!そして、長女も乗れるようになり万々歳!


ブログランキング参加しました。1日1クリックしていただけるとうれしいです★